2016年09月28日

網走から知床、北海道自転車旅行!

IMG_20160925_161821_BURST002.jpg

年中行事となった北海道に9月22日より行って来ました!
もう何回目の北海道だか分からなくなるくらい行っている
初めて行ったのは大学生の頃だったかな、そのころはもっぱらユースホステル泊まりで、ユース
大人気の時代でした。。
羽田発11時30分の飛行機であっという間に女満別空港に到着。
空港でまず楽しみにしていた北海道ラーメンを食べて、自転車を組み立て、出発。
まずは北方民族博物館を目指す。 途中、メルヘンの丘を見て国道39号線を右に曲がり少しアップダウンを繰り返すと博物館があった。
IMG_20160922_152943.jpg
中にはオホーツク民族のルーツのようなものが解説してあり興味深いものであった。
子のすぐ隣に東京農大オホーツクキャンパスがあったのでびっくりした!
次にオホーツク流氷館に向かいここで流氷の妖精、クリオネに出会った!

IMG_20160922_162106.jpg
それから時間も5時前になったので今日の宿ルートイン網走に向かった。
このホテルは網走駅前に有り、夜の居酒屋などの繁華街に近いというので楽しみにしていたが
建物ちょっと古く大浴場もちょっと不潔そう。すぐ近くのド―ミーインの方がよさそうです。
二日目
朝起きてみると雨である、仕方ないのでゆっくり朝食を摂って雨やまないか待つが駄目そうなので取り敢えずバスで斜里まで行くことにした。
斜里に着くと雨はやんでいたので駅前の来々軒でチャーハン食べて早速自転車を組み立て今日の宿宇登呂に向かう。
斜里から宇登呂までは38キロ、でほぼ平坦な道である。やはり輪行より走る方が遥かに気分が良い。
曇り空でまた雨が降り出すと嫌なので休まずにペダルを漕ぐ。
DSC00587.JPG

1時間30分程でおしんこしんの滝に着いた、台風が数日前に通過したせいか水量が凄く多い!
この滝から15分程で宇登呂に着いた道の駅を覗き皆が川を見ているので私も見てみるとサケが沢山遡上してきていた、川底で死んでいるのも多く見える。
DSC00596.JPG
時刻も5時前なので今日の宿ノーブルホテルに入る。
実は宇登呂の宿はこのノーブルホテルにするか、昨年も利用した国民宿舎桂田にするか三山迷った、ノーブルホテルは施設は良いが食事がバイキングなのでその点が不安であった、
この後その不安は的中した、部屋は5階で海とおろんこ岩が良く見え爽快だ、フロントの女性も親切!
風呂は7階にありお湯はぬる過ぎる。
DSC00593.JPG
ノーブルホテルフロント嬢と一緒に↥
その後レストランに行くと料理は品数は多いがこれといって旨いものは無い、北海道らしいものを食べたいがカニはあるが冷凍で味は良くない。仕方ないので豚しゃぶばかり食べていた。
三日目
朝は寝坊してしまった。8時30分に目覚めて慌ててレストランに直行、何とか入れてくれた。
さて、朝食済ませて、フロントのお姉さんとも仲良くなって出発!本日は快晴である!
DSC00590.JPG
ノーブルホテルからのお疲れ様です。おろんこ岩↥

まずは目の前のおろんこ岩へ、この岩というか山というか?とにかく5分ほどで登れ頂上からの
景色は格別である!
知床連山が見え紺碧の海も見下ろすことができる。
宇登呂の街をお郎ロしているうちに11時近くなったのでもう知床五湖方面に行くことにした。
DSC00622.JPG

途中国民宿舎桂田の前を通うったら急に懐かしくなり、外部レストランが新しくなっていて中を一寸覗いたら急にやはりここに泊まりたくなった。
しかし今日は羅臼の[峰の湯]を予約してあるので明日またここに戻って宿泊しようと思った。
ここから知床自然センターへは近かった、徐々に高度を上げながら海を見下ろすのはとても気分が良かった。

IMG_20160925_115959.jpg
知床自然センターへは20分ほどで着いた、ここから知床五湖へはバスで往復することにした。
五湖の散策は高架木道以外の下の道を使う場合は許可と10分ほどのレクチャーが必要である。
レクチャーではヒグマに遭遇した時の対処法とか遭遇しない為にはどうすれば良いとか教えて貰った。
知床には全道の三分の一のヒグマが生息していると言われている。
一番危ういのがシマフクロウで北海道にしか生息していなくて。全道でも140羽くらいしか生息していない超絶滅危惧種である。
二から一湖までの散策コースは30分程で周回でき知床の自然に触れることができる。
五湖巡りも終わり自然センターに戻りいよいよ14時30分本日のメーンイベント知床峠越えに掛かる!
天気良好、風良し,快調に高度を上げていく。

DSC00613.JPG
知床峠の登り↑
知床峠は激坂は無いが距離が頂上まで14キロと長いので結構しんどい。
峠を境にして天候は急変した。ガスが出て視界悪く小雨も降って来た。
先ほどまでの青空は無くなった。 羅臼までの長い下りを慎重に高度を下げる。
20分程で羅臼温泉「峰の湯」に着いて、濡れて寒いので温泉に直行!

DSC00606.JPG
知床五湖は自然いっぱい熊も一杯!
知床には全道の三分の一の羆が生息しているといわれている。

DSC00625.JPG

DSC00614.JPG
峰の湯の夕食↥
峰の湯は大好きな宿であるが今回はちょっと減点になった。温泉、部屋、食事は変わらずに良いが今回目に着いたのは清潔さ、特に窓ガラス、が結構汚れていた。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする