2017年11月24日

初滑り、吹雪の中で、五竜!

DSC01563[1].JPG

今シーズン、の白馬山麓、五竜、八方、栂池の各スキー場は順調な降雪に恵まれ、オープン致しました(ゲレンデ上部だけ)!
そんな中、今日は雪降る中五竜パノラマゲレンデにて初滑りを楽しんで来ました。
平日にも係わらず多くの人が滑りを楽しんでいて私も2時間ほどでリフト10本ほど滑りました。
この斜面は緩やかでもちろんもの足りない感は一杯ですが初滑りなのでこんなもんでしょう>
明日からは八方はパノラマ、ウサギ平、黒菱の各ゲレンデ、栂池はハンの木コースがオープンするようです!
この後も順調な降雪を期待して居ります!
DSC01559[1].JPG
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

釧路〜網走北海道自転車旅行!

DSC01420[1].JPG
霧多布岬にて↑


毎年恒例となった北海道自転車旅行に出かけて来ました。
今回は、釧路〜厚岸〜霧多布岬〜北太平洋シーサイドロード〜根室〜網走と走った。

DSC01404[1].JPG
釧路空港に着いた↑

9月21日羽田発11時25分発ANA機で釧路へ、空港で自転車組み立て出発。
牧場が点在するロードを釧路駅に向かう。 ちょっと道に迷うが3時30分に釧路駅着。
DSC01406[1].JPG
釧路駅の中のなつかし屋でコーヒ―タイム↑
回転焼きがおいしかった!
そこから北大通を幣舞橋を目指してそのすぐ横のANAクラウンプラザホテルが今日の宿だ。
このホテルは釧路港(川)に面し大きな漁船を眺めることができる。
DSC01407[1].JPG
ANAクラウンホテル玄関↑
ホテルを出てまず釧路市立博物館向かったが道に迷い1時間かかった!
博物館は興味深いものであるが時間が無くなって来たので急いで見学。
そこからいよいよ厚岸に向けて国道44号線を走った。
44号線は思ったより大型車が多く手ちょっと怖かった。
厚岸では道の駅でカキのパスタを食べて今度は厚岸大橋を渡り道道123号に入る。
厚岸から霧多布までの道道123号線は景色は良いが全くの原野でアクシデントがあると
お手上げ状態になってしまう。
緩いアップダウンを数えきれないくらい繰り返しやっと左側にセイコーマートが見えて来たら
霧多布の街だった。時刻は4時、釧路から120キロを走り切り安堵した。
DSC01415[1].JPG
霧多布ではちょうど神社のお祭りであった。
ここの山車はトラックだった!ビックリ!
そして霧多布の宿は旅館くりもとでアットホームな感じで又迎えにセイコーマートが有りとても便利。
DSC01421[1].JPG
霧多布岬の灯台↑
翌日は霧多布岬までノンビリ走り天気も良いので更に岬の先端まで歩いてみた。
週末だけど観光客は殆どいなくてとてものんびりできてきて良かったと思った。
DSC01428[1].JPG
DSC01428[1].JPG

DSC01429[1].JPGDSC01434[1].JPGborder="0">

根室海陽亭の夕食↑
DSC01431[1].JPG
DSC01432[1].JPGDSC01426[1].JPG

posted by ベルコート白馬 YU〜 at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

ワンディ、唐松岳、五竜岳ダブル登頂!

DSC01387[1].JPG

今年の夏は天候に恵まれず晴れた日は数えるほど。
アウトドアの予定は翻弄され、めちゃめちゃ狂った!
9月に入れば低温注意報も出てウチでは夜はストーブを点けた!
そんな中昨日はラッキーにも天候高曇り、山は全部見えるという好条件で
これは絶対逃せないと8時ちょうどのゴンドラに乗った。
リフト終点に着くとちょっと寒いが八方池山荘で登山届を出して、8時40分出発。
今日は長丁場なので前半飛ばさないで行こうと考えていた、
それでも丸山ケルンまで1時間2分で着いた、登山者が少ないのでスムースに歩けたからかな?
天気は最高ではないが不帰の嶮も良く見え今時かなり良い方だ!
DSC01375[1].JPG
剣岳も良く見えた↑
そして丸山ケルンから25分で唐松岳頂上山荘に到着、山頂までぶらぶら歩き10時20分に到着。
見晴らしは最高!360度見渡せる!
一番でっかく見えるのは今から行く五竜岳だ。威風堂々と聳えている。
頂上山荘に戻り前のベンチで小休止、アンパンを食べる。
そして10時45分出発、牛首岳経由五竜山荘に向かう。
牛首のクサリ場は特に危険でもなくすんなり通過。
大黒岳は巻いてバイパス。白岳への緩い登りを越えると眼下に五竜山荘が見えた。
山荘到着は12時00分、ここでおにぎり一個を食べる。
五竜山荘は以前泊まったことが有るが夕食はカレー食べ放題だった気がする。
ここまで来ればあとは大丈夫な気がしてきた。
帰りの五竜テレキャビンは4時30分が最終なので十分間に合う。
五竜山荘を12時10分に出て頂上を目指す

DSC01373[2].JPG
五竜山頂からの鹿島槍ヶ岳、遠くに槍ヶ岳も見えています↑
20分程でクサリ場があり登山路は険しくなってきた、更にクサリ場をいくつか登ると稜線に出て鹿島槍が眼の前にあった。
そこから頂上は3分程のところで岩の上に座り込んだ、時刻は12時50分。



DSC01371[1].JPG
剣をバックに五竜岳頂上↑
ここでまた、おにぎり1っ個食べて、エネルギー補給するのだ。
1時10分頂上を後に下山を始める、クサリ場は慎重に降りる。
30分で五竜山荘に戻り写真撮って貰って1時50分、下山を始める。
一旦白岳に登り、あとはと遠見尾根をドンドン下るだけ、長い長いと遠見尾根を下る時はスピードの出し過ぎに注意! 転倒して滑落と言うケースもある。
小遠見山まで来れば安心、アルプス平はもうすぐだ。
3時30分地蔵の頭に到着、3時40分アルプス平に到着、ソフトクリーム買ってゴンドラに乗り込む。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

唐松岳は下から上までオール花三昧!

DSC01307[1].JPG

昨日は朝起きると久し振りの青空!
急いで支度して八方アルペンラインへ、そして9時8分八方池山荘を出発。
八方池までは22分、今日は周辺の山が綺麗に見えている。
丸山ケルン(標高2400m)までは1時間1分で着いた。
久し振りの不帰の嶮はとても迫力がある。
DSC01326[1].JPG
丸山からの不帰は迫力満点!見えてラッキー!
ここまで来れば一安心。頂上山荘まではそう遠くじゃない。

DSC01305[1].JPG
八方池と不帰キレット、天狗の大下り、絵になりますな!

DSC01317[1].JPG
唐松沢の鞍部付近から五竜岳、どっしりしてますね。
ここから五竜岳へは頂上山荘を出てすぐに牛首岳の難所が有ります。
DSC01310[1].JPG
唐松岳頂上標高2696m、ここからの不帰キレットはちょっと怖そう。
ここからの剣岳も近くに見える。6月に登った針の木岳も微かに見えた。
DSC01322[1].JPG
チングルマも丸山から上で一杯!
DSC01325[1].JPG
DSC01332[1].JPG
この花は何だっけ? 立山リンドウかな?
この他にもマツムシソウ、イワシモツケソウ、ミヤマキンポウゲ,白山シャジンなども咲いています。
唐松岳から先に進む人は極端に少ない、不帰キレットから白馬岳方面、反対方向に五竜岳、鹿島槍ヶ岳方面も楽しいのになぁ。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

台風前の八方池

DSC01294[1].JPG
台風5号が迫っているが僅かなタイミングを狙って八方池まで出かけました。
空は僅かに青空が覗いている。
台風が迫っているにも拘らず大勢の登山者が八方池を目指していた。
出発点の国民宿舎八方池山荘からすぐにルートは二つに分かれ右は急ぐ健脚者、は左は初心者、ファミリー
中高年向きの木道コースである。
途中,第二ケルン付近には公衆トイレもある。

DSC01292[1].JPG
八方池に着くと例年の如くの風景があった。
DSC01301[1].JPG
八歩池の周りはお花畑状態である。
クガイ草の群落である。
DSC01303[1].JPG

DSC01290[1].JPG
ここが私の冬の遊び場、ウサギ平である。
12月から5がつまでここで三山遊んだ!
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

針ノ木岳バックカントリー

DSC01136[1].JPG
6月も後半になりましたが最後のBCに出かけました!
針ノ木岳は15年振りくらいかな?
前回は針ノ木峠までだった気がする。積雪期に針ノ木頂上及びマヤクボカールは初めてかも。
アルペンルートの扇沢をAM8時前に出発、トロリーバスを横目に針ノ木谷に入る。
大沢小屋までは近道があるが今の時期雪が消えていたり渡ショウでかなかったりで分かりずらい。
それでも50分くらいで大沢小屋に着いた。
その先から雪渓が繋がり1730m地点からスキーで登り始めた。
小一時間ほど登るとマヤクボ沢との分岐点に着いた。
峠の方に直進するか右に曲がってマヤクボに入るか大分迷ったが右に行く方が簡単そうだったのでそちらに向かった。
この辺りから傾斜が急になって来たのでシール登高からスキーを担いでアイゼンを装着して登った。
DSC01138[1].JPG
マヤクボのコルからの立山と黒部湖↑
1時間30分程でマヤクボのコルに着いた。
稜線には雪は無い。ここから針ノ木が威圧するように聳えている。
頂上までの標高差は200m弱、兼用靴で歩くのは厳しい!
右側はスパッと黒部湖まで切れている箇所が2,3か所あり滑落すれば黒部湖にドボンしそうだ。
DSC01143[1].JPG
30分程で針ノ木頂上(2830m)に着いた。時刻は2時5分である。扇沢から6時間18分も掛かった。
頂上からの眺めは最高である、眼前に立山、下には黒部湖、南は五色が原、薬師岳、北には爺ヶ岳が良く見える!
頂上で眺めを楽しんでいよいよ滑りに掛かる、頂上直下は超急斜面、そこをちょっと避けてドロップするがやはり縦溝多く、スキーにならない。


posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

今日の八方池散歩

今日は朝から快晴!
気温もぐんと上がり最高22度になりました。
GW最中なので白馬の村も桜の見頃も重なって賑わっております。
その中今日は八方尾根スキー場最上部よりブラリと八方池まで出かけて来ました。
DSC01047[1].JPG

ゴンドラとリフトを乗り継いで八方尾根スキー場最上部へ、国民宿舎八方池山荘から出発です。
最初は尾根伝いにちょっと急な登りでここは登山路が殆ど出ていて夏道です。
DSC01053[1].JPG
八方山ケルンからは雪の上を歩くことになり普通のスニーカー等では足がビチョビチョになるでしょう。
軽登山靴にスパッツをすれば良いですが長靴でも良いと思います。
私はスキーで登ったので登山路とは違うところを歩いて、下りはスキーで滑って帰りました。
国民宿者八方池山荘から登ること30分くらいで公衆トイレの建物が有りますが今はまだ使えないようです。
DSC01048[1].JPG
ここまでくると不帰のキレットや白馬三山が大きく見えるようになります。
DSC01048[1].JPG
そのトイレから更に20分位で八方池にとうちゃくいたします。
池はまだ雪の下、雪面が一際平らになった場所が池です。
DSC01044[1].JPG
ここでゆっくり周りの山を眺め雪山を堪能しましょう!
五竜岳や鹿島槍も良く見えます。
DSC01050[1].JPG
帰りは来た道を戻ることとなり40分位で八方池山荘まで帰ることができます。
下りでは石などでつまずかないよう注意致しましょう。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

白馬乗鞍岳バックカントリー

DSC01004.JPG

昨日は朝は曇りであまり期待せずに栂池ゴンドラに乗った。
ゴンドラは馬の背辺りからガスの中に突入した。
DSC01009.JPG
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

いざ、天狗原へ!

DSC00951[1].JPG

日曜日の天狗原はガリガリバーンでした! でも積雪は各段に増え沢も埋まり、快適に滑ることが出来ます!
気温は暑くも寒くもなく快適に登ることが出来ました。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

ウラヒヨは最高の雪!

DSC00938[1].JPG

今日は朝から快晴!その分冷え込みは厳しく当館の温度計でマイナス10度まで下がりました!
今シーズンはゲレンデも山も雪たっぷり、樹林帯では藪が殆ど隠れてとても滑り易くなっています。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする