2015年04月26日

快晴の船越の頭

DSCN7929.JPG
雪倉、朝日岳をバックに↑

今日は朝から快晴で気温もぐんぐん上がり麓では最高20度まで上がりました。
そんな中朝栂池ゴンドラ乗り場まで行くと、駐車場もゴンドラも混雑なくお客さんの多くは山に上がる人です。
栂池ロープウェイは昨年より便数が減り30分に一本で運行されています。
栂池自然園に着くと天狗原方面に上る人が沢山見えています。
私は小蓮華山、船越の頭方面に向けて歩きはじめました。
自然園の雪はいつもより多く感じられますが雪面は大分ガタガタになってきていて滑りにくそうです。
快晴なので上るに連れ暑くなってきて上着は脱ぎパンツのベンチレーションもオ−プンで上ります。
頭、直下では斜度も増しシール登行も厳しくなるが何とか船越の頭に乗り上げて。
船越の頭は標高2600m、栂池自然園が1850m、標高差750mを2時間30分で上りました。

頭でおにぎり食べて周りの景色に見入ると剣岳や富士山まで、また北には日本海も眺められました。
ひとしきり景色を眺め、PM1時いよいよ滑降に入ります、頭から大斜面に出ると雪はザクザク、ですが滑りだすと意外とターンしやすく連続ターンで一気に200mを滑り降りた、快適だが縦溝が降雨によりできているのが若干難点である。
下がるにつれ雪はますますザクザクになり30分かけて栂池自然園、栂池ヒュッテに着いて、林道経由で栂池スキー場まで下りて帰った。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

白馬乗鞍スキー場から若栗の頭へ

DSCN7900.JPG

昨日は栂池、八方、五竜の各ゴンドラがすべて強風の為ストップしました。
そこで最近人気のある白馬乗鞍スキー場から若栗の頭(標高1598m)を目指した。
白馬乗鞍スキー場まではうちから車10分、アルプス第三高速ペアリフトの乗車、リフト終点が若栗の頭への入山口です。
リフト終点から尾根伝いで頭をめざす、天候は晴れだがなるほど風が強い。
南に栂池スキー場が良く見える。
尾根の途中からもスキー場目がけて滑り降りる人も多いそうだ。
途中からは尾根も広くなりここを滑り降りても良さそうな感じである。
1時間30分程で若栗の頭に到着7,8人の人が滑走準備をしていた。
時刻は11時40分、ここでおにぎり食べて私も滑走準備に入る。
DSCN7899.JPG
入山口から若栗の頭を望む↑
ピッタリ頭のトップからドロップし、前回は尾根のようなところを真下に滑り降りたが今回は少し左にラインを取ると、ここでトラブル発生。
急な尾根下に急な細い沢上の上に出た、はたと困り、このまま進むのは危険そう、他のトレースもここから引き返している。
なので覚悟を決め私も50mほど上り返すことにした。
急斜面で深雪の中シール貼りはとても大変!スキーを外すと脚の付け根まで雪に潜ります、ツボ足ではとっても歩けません。
慌ててシールを付けたものだから前後逆に着けたりシール面に雪がくっ付いて少し登っただけでシールが外れたりもう大変でした。
シールとすきーのパワーは凄いものです、あの深雪の急斜面でもシールさえ付ければちゃんと登って行けるのです!
それから50mほど登り返し右にトラバース、広い尾根状を滑り降りるが雪は最高にいい雪でトラブルが無ければもっと楽しめたでしょう。
頭にいた人達は更に右寄り(東)の広い沢のような斜面を滑り下りたようだ。
10分ほど滑ると黒川沢に降り立ちここは左右急斜面で完璧な谷底、「地形の罠」的な場所なので雪が悪い中そそくさと白馬乗鞍スキー場、に戻った。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

今日の天狗原は無風快晴

DSCN7843.JPG

でしたが、昼頃からこのようなガスが出てきて白馬乗鞍岳が見えなくなりました。
午前中は快晴、朝の冷え込みは厳しく落倉でマイナス10度まで下がりましたがそんな中でも愛犬の「たいち」は平気で外で遊んでいました。「たいち」は雪玉が大好きでこれを投げてやると必死で追いかけます。
朝8時45分栂池ゴンドラ乗り場に行くと既に駐車場は満車!
仕方なく1000円の駐車場に停めました。
栂の森から第二ペアリフトに乗り山頂に、そこからいつもの林道入り口に滑りつくと大勢準備していてビックリ!
私も歩く準備しピステンの入った林道を歩き出しました。

DSCN7840.JPG
白馬三山を眺めながら歩く、ピステンが入ったので車道のように見えるけど車は通りません。
天気は上々、暑くも寒くもなく雪も良さそう。
今日は見える範囲では雪崩はありません林道下早大ヒュッテ付近でスキーカットするが結果なし。
昨日からの降雪は25センチほど、ちょっと少ないかな?
景色を眺めながら40分で成城大小屋到着、
ここでおやつタイム、チョコクロワッサンを頂く。
今日は午後からしゃぶしゃぶ9名分を作らないといけないので気が焦る。
標高2000mを超えても風は無い、天狗原に11時35分に到着、10名くらいが乗鞍に取りついている。
天狗原の祠のところでおにぎり食べていると急にガスが出てきて真っ白に。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 21:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

栂池バックカントリー




DSCN7827.JPG
西ヒヨドリ峰からあっという間滑り降り早大小屋前↑

栂池高原上部には広大なバックカントリー(BC)エリヤが広がる。
今日の天候は晴れ時々曇り、栂の森から林道を歩き出すと風が出てきた。
林道は三日前にはピステンが入り真っ平だったのが今日は風で雪が運ばれて1メートルの壁が出来ていた!
早大小屋まで15分ほどで着いた。
ここからは少し急な勾配を大しらびその樹林帯を縫うように西ヒヨドリ峰を目指す。
静かな樹林帯の中をゆっくり上って行くのはとても気持ち良い。
そして40分ほどで西ヒヨドリ峰(1950m)に着いた。

DSCN7824.JPG
頂上からは白馬岳方面、裏ヒヨ、若栗の頭方面がよく見える。
風が少しあるので木の陰でおにぎり食べて、滑走準備をした。
風は北西方向からの風で部分的に叩かれてパックしているので滑走コースをよく見定めて南東方向にダイレクトに早大小屋を目指してノンストップで滑り降りた!
雪は浅いがとても気持ちよく滑ることができた。
林道に出て次はショートカットコースでロープウェイ駅の直下に滑り降りた。
カフェレスト栂の森で一休みしてハンの木コースでベースまで下りた。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

ラストビッグマウンテン西穂高岳


DSCN7795.JPG
丸山から眺めた西穂高岳、ピラミッドピーク、独標↑

西穂高に行きたくてチャンスを待っていましたがそのチャンスは一向に訪れずやっと昨日行くことができました。
もうスキーシーズンに突入するというこの時期に歩きで西穂独標(2710m)まで往復した。
当然もう雪があり新穂高ロープウェイの西穂高口(2160m)から雪道を歩くことになった。
前日は福地温泉の「孫九郎」に宿泊、御馳走をいっぱい食べたので出発は遅く9時のロープウェイに乗った。
ロープウェイからは笠ケ岳、抜戸岳、槍の穂先、中岳、南岳、ジャンダルム、西穂高、ピラミッドピーク、独標がよく見える。
西穂高口から雪道を歩き出すと登山道には軽い雪が30センチほど積もっておりトレースもあり歩きやすい。
50分で西穂山荘に到着、霞沢岳が目に飛び込んできた、そしてそのまま丸山方面に向かう。
DSCN7800.JPG
独標手前まで来たが雪と岩のミックスで果たして登頂できるかな?


DSCN7797.JPG
無事登頂できました、下りは慎重に行かなくちゃ。

DSCN7799.JPG
独標からの西穂高岳、ピラミッドピーク↑
DSCN7798.JPG
前穂から奥穂,ジャンダルム、吊尾根、↑
この景色が見たくてやってきたのです!
写真を撮ってお腹もペコペコなので急いで西穂山荘まで急降下、西穂ラーメンを注文いたしました。
そのあと雲が出てきたのでロープウエイまで戻り2時15分のロープウェイで新穂高温泉まで下り白馬に戻りました。









































DSCN7797.JPG
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

秋から冬へ蝶ヶ岳

DSCN7711.JPG


今年の夏山はビッグマウンティンに行けないままに、今日で10月も終わり。
この夏は天候不順に泣き秋は台風に泣き、穂高に一度も行けなかったのが悲しい(泣き)
まぁその中前回の白馬岳と今日の蝶ヶ岳とどちらも天気に恵まれたの唯一救いになった。
10月28日、早立ちが苦手な私は今回安曇野のホテルアンビエント安曇野に前泊した。
このホテルは蝶ヶ岳、常念岳登山口の三股まで車で25分程で便利で夜も朝もバイキングで1万円でお値打ちだ。
10月29日は朝9時20分に三股に到着、ここの紅葉は今が盛りである。
ストレッチをし9時40分三股駐車場を出発、今回の同行者はオカァちゃんである。
オカァちゃんは最近ダイェットにハマり山登り、自転車漕ぎ、ジム通いに熱心である。
その甲斐あって夏からこっちで3キロ減量に成功したとか、まぁいい傾向である。
 三股登山相談所で登山届を出していよいよ登りに掛かる。
吊り橋を渡ると、いきなり常念岳との分岐点があり常念岳は右、蝶ヶ岳は」左である。
左の登山道を登り始めると最初は烏渓谷沿いの道であるがすぐに道は渓谷を離れ樹林帯を上るようになる。
力水、ゴジラの木を過ぎ1時間40分で豆うち平に到着、ここまではまずまずのペースである。

DSCN7695.JPG
登るに付けて常念(2857m)、前常念が見えて来た↑
常念岳は安曇野の象徴ともいうべき素晴らしい山でもちろん百名山であります。
長野道安曇野インターを出てまず目に付くのがこの山である。

おにぎりも食べてPM1時30分最終ベンチ到着であります。
オカァちゃんは前回の利尻山の時よりパワーアップしております、痩せた分だけ早く歩けるようになったようです。
そしてPM2時10分2時10分傾斜が緩くなったと思ったら蝶ヶ岳ヒュッテに着いた。
三股から4時間30分、オカァちゃんは初めてコースタイムより早く上ることができた。
DSCN7720.JPG

そしてこの景色が待っていた↑
まだ時間も早いのでヒュッテにチェックインする前に頂上から山を眺める、頂上は方位版のある頂上と縦の道標の看板のあるのと二か所あるが地図によっては蝶槍が蝶ヶ岳の頂上となっているのもある。
その後ヒュッテにチェックインするが20人ほどの宿泊者がいるようだ。
今シーズンこのヒュッテにNHKのカメラが据え付けられたので最盛期は登山者が多く利用されたでしょう。
DSCN7706.JPG
蝶ヶ岳ヒュッテの夕食↑
夕食後は時間を持て余し部屋にいるとものすごく寒くて、ロビーでテレビを見たりして時間をツブシタ。
結局、やることもないし寒いのでホッカイロを3枚貼って7時30分に寝た。
DSCN7716.JPG

翌朝起きるとこんな景色でした↑
素晴らしい景色にオカァちゃんも興奮気味!終始ご機嫌です。
散々景色も眺め、山の名前も何回も教えるが全然覚えられないようであほらしくなった。
それで8時10分、下山開始、徳沢から上高地に下る意見もあったが天気下り坂なので三股に降りることにした。

DSCN7725.JPG

まめうち平まで降りてきて一安心↑


posted by ベルコート白馬 YU〜 at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

初冠雪!白馬岳登山

SSCN7638.JPG

御嶽山噴火事故で亡くなられた人々のご冥福をお祈りし、行方不明者の方々の早期発見をお祈りいたします。

10月8,9日で地元の友達と白馬岳に出かけてきました。
両日とも天気は快晴で頂上付近では初冠雪を麓では紅葉が楽しめました。
朝は7時20分に猿倉出発、白馬尻に向けてノンビリ歩きます、天気は上々、小蓮華山や金山沢を眺めながら1時間10分で白馬尻到着。
白馬尻の小屋は既に今シーズンの営業を終了し小屋の解体が行われています。
白馬尻からの大雪渓はこの時期ずいぶん短くなり距離にして500m位である。
それでもしっかり四本爪アイゼンを付けて大雪渓を渡りきった。
大雪渓を過ぎると登山路は俄然勾配を増しペースダウン、そしてこの葱平付近は落石が多発する場所なので上にも気を配りながら上る。
猿倉を出発して5時間30分やっと村営頂上宿舎が見えてきて斜度も緩んできた、そして午後2時05分頂上宿舎に到着した。
しかし今日の宿舎はここではなく更に30分ほど登った「白馬山荘」である、なのでコーヒーだけ飲んでまた登り始める。
5分で稜線にでた、ドカーンと広がるダイナミックな景色、剣岳も良く見えています。
この稜線を15分ほど登り「白馬山荘」に到着、時刻は午後3時10分であった。
DSCN7613.JPG
白馬岳頂上から南方向↑
山荘にチェックインし、荷物を部屋に置いて空身で頂上まで歩く、登山道には新雪が5センチほど張り付いている、10分で白馬岳(2932m)頂上に到着、360度の眺望を楽しむ。
その後部屋に戻りワインで無事登頂成功の乾杯をして夕食を楽しんだ。

DSCN7615.JPG

白馬山荘の夕食↑
山荘の窓からの景観も最高で夜は魚津市、黒部市付近の灯りが良く見えた。

DSCN7620.JPG
二日目の朝、旭岳をバックに。↑
二日目の朝も快晴、しかし白馬三山縦走する計画も白馬鑓ヶ岳頂上付近、積雪あり危なくて通行不可の為登りと同様に大雪渓を下ることとする。



posted by ベルコート白馬 YU〜 at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

爺ヶ岳紅葉


SSCN7563.JPG
今朝は待ちに待った快晴!
今夏はめちゃくちゃ天気に翻弄されました。
私の好きなことは全てアウトドアースポーツ、当然天候に左右されます。
今日は早朝は霧が出ていましたが8時頃には晴れて私は扇沢に向けて車を走らせます。
扇沢の駐車場に着くと満車状態、小さい車なので何とか隅っこに停めました。
登山口(1350m)を8時50分に出発、柏原新道を登ります、今週の日曜日は戸隠トレランにエントリーの予定、
これまでのトレーニングの成果を確かめながら高度を上げて行きます。
シューズもアシックスのトレランシューズを新調、軽くて歩き安い、
私は普通の山行きでもトレランシューズを愛用しております、重い登山靴より遥かに楽です。
標高1600m付近から針の木岳、スバリ岳が見え始める、空は青空気分はハッピーです。
この柏原新道は実に歩きやすく、要所要所に名前が付けてあるので位置確認がし易い。
残雪期や春スキーの時にはこの新道は使えなくて扇沢を直に詰めて種池山荘脇に出るらしい。
標高2000m付近に来ると稜線上に種池山荘が見える、この山荘の今年の営業は今日までだそうだ。
10時40分種池山荘に到着、10人くらいの人がベンチで休憩していて山荘の生ビールを飲んでいる人もいた。
ここからは、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、立山、剣が良く見える、遠くに富士山も見えている、今日は最高の日だ。
私も一休みしてアンパンとチョコレートを食べる、山では食料はとても大事だ、食料が欠乏するとトタンに動けなくなる。
ここから爺ヶ岳南峰までは30分くらいである、高度を上げるにつけ槍、穂高が見えてきた。SSCN7566.JPG
爺ヶ岳南峰にて↑
南峰に着くと多くの登山者が寛いでいた、天気良く暖かいから最高です。
北には鹿島槍ヶ岳、火打山、焼山、戸隠、高妻山、乙妻山。
白馬、五龍岳は鹿島槍の影になって見えません。
西は立山、」剣、毛勝三山、南は、遠くに富士山、南アルプス、八ヶ岳、
槍、穂高、針の木、蓮華、餓鬼岳、唐沢岳、足元に鍬の峰等が良く見えています。SSCN7567.JPG
針ノ木岳とスバリ岳↑
その後時間もあるので中峰にも行ってみたこちらは静かで鹿島槍がもっと近くに見え、眼下に大町の街も眺められ、ご機嫌です。
その後のんびり種池山荘まで降りてまた一休み。
晴れた山も堪能できたので1時30分頃下山開始、気温上がって結構暑い!
2時55分扇沢の駐車場に着いた。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

やっと晴れて、登れた唐松岳

SSCN7507.JPG
今年の夏は何ていうことでしょうずうっと雨と曇りばかし、出かける計画は皆潰れてしまいました。
夏山は7月末に北海道の利尻山に行ったきり全然行けなかった。
ところが昨日やっと半晴れ状態、早速八方ゴンドラ乗り場に急行しゴンドラに乗りました。
リフト最上部「八方池山荘」に到着しても八方山ケルン付近までは見えておりますがその上は見えません。
9時40分に標高1830mの「八方池山荘」を出発、登山者はお盆の頃よりは少ない、でも花は一杯咲いております。
登山路が工事中で最短ルートが使えないので時間が掛かり八方池に10時08分でそのまま通過し丸山を目指す。
途中、扇の雪渓は雪がまだ残っていて多くの人が休んでいた。
そして10時45分丸山に着くと、不帰のキレットU、V峰が見えた。
SSCN7512.JPG
丸山ケルン(標高2430m)↑
丸山ケルンを過ぎると登山路はなだらかになり景観も良くなる。
丸山から25分で「唐松岳頂上山荘」に到着した。
時刻は11時10分であった。SSCN7511.JPG
唐松岳頂上山荘から望む祖母谷温泉に降りる登山路↑
3年前にここから祖母谷温泉まで降りて欅平経由で帰ってきた。
SSCN7510.JPG
ミヤマアキノキリンソウ↑

SSCN7509.JPG
不帰V峰とU峰の南峰が一瞬見えた。

SSCN7508.JPG
偶然にも山スキー友達のUさんに出会った↑
頂上でおにぎり食べて下りに掛かった、ユックリ花を眺めながら降りて1時45分、国民宿舎八方池山荘に着いた。

posted by ベルコート白馬 YU〜 at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

北海道利尻山登山


SSCN7462.JPG
 鴛泊、ぺし岬と利尻マリンホテル↑
ぺし岬は眺め最高、マリンホテルは超お勧め、従業員の皆さんは親切で夕食は毛ガニ、生うに、生ホタテなどとても豪華!

SSCN7452.JPG
登山口のキャンプ場、マリンホテルから送迎車10分↑

利尻礼文にはもう何度も訪れているが今までは登山は考えたことが無くもっぱら自転車でウロウロしておりました。
しかし昨年利尻マリンホテルに宿泊した際そこから見た利尻山がとてもダイナミックで頂上は槍ヶ岳のようにも見え、ぜひ登ってみることにしました。
利尻山は100名山であり標高は1720mと大したことがありませんが登山口のキャンプ場が200mなので標高差は1500mあり結構手ごわい山であります。
今回はかぁちゃんも同行し二人で利尻山に挑戦することにしました。
計画を煮つめていくとこの山行はかぁちやんには無理かなと感じて来ました、といううのもかあちゃんは最高で爺ヶ岳しか登ったことがなくその時の標高差は1100mでそれでも夕方薄暗くなってから下山してきた次第です。
なので一時は礼文岳(490m)に変更しようかと考えましたが、またフェリーに乗って行くのも大変でとにかく行けるところまで行こうと決めました。
前夜から強風が吹きつけるようになりこれは頂上を踏める確率は30%位だなと諦め半分です。
7月30日朝5時弁当朝昼2食用意して頂きホテルのクルマで登山口まで送って貰う。
登山口は利尻北麓キャンプ場で標高200m、ストレッチして登山届出してユックリ登り始める。
標準コースタイムでは上り6時間下り5時間らしい、厳しい現実である。
初めは良く整備された緩やかな登山道が続く。
ポン山への分岐点を過ぎても緩やかに高度を上げて行く。
まずは長官山(1218m)を目指すが注意書きに長官山まで4時間で到着できない人はリタイヤーするようにと書いてあった。
厳しいお言葉である。
天気は良いが風が強い、高度を上げるにつれ鴛泊の街が良く見える。
第一見晴らし台を過ぎると傾斜も急になってきてかぁちゃんが遅れだす。

それでも何とか出発から3時間20分で長官山に着いた、時刻は9時である。
長官山から眺める利尻山は迫力があります、それを見てかあちゃんはここから引き返すと言う。
私はまだ9時だからもう少し言ってみようとなだめた。
長官やまから15分ほど歩いたところに避難小屋がある、ここにはトイレブースがある、トイレではなくトイレブースだ。
この中で携帯トイレを使って用を足すということだ。
避難小屋を過ぎると40分ほどで9合目に着いた、「ここからが正念場」と書いてある、時刻は10時20分十分頂上を狙える時刻だが依然風強く、急傾斜でかぁちゃんはビビっている。
幸い道の両側には背丈ほどの低木が茂っており風を遮断してくれる、八方のような樹のない状態ではない。
この辺りは一面お花畑だ、北アルプスでは見かけない珍しい花もある、最後は急傾斜にピンポン玉くらいの丸い石が載っておりとても滑りやすい、ここを難儀して通過11時05分遂に頂上に到着した。

頂上でおにぎり食べたり一休み、記念写真を撮って、早めに下山に掛かる、下りは滑る易くロープをつかんだりしてユックリ降りる。
9合目を過ぎ非難小屋まで下がると風は少し弱くなった。更に長官山を過ぎ5合目まで降りてもまだまだ長い。
結局、キャンプ場到着は4時20分、5時間掛かった。
またホテルのクルマに迎えに来てもらい早速温泉に浸かる。
夜はまた豪華な食事でカニ、うに三昧である、二人で乾杯し、今日は本当に良かった、ラッキーであったとしみじみ感動した。








SSCN7466.JPG
前日は利尻島一周53キロを自転車で走りました。
クルマも少なく快適なサイクリングです。DSCN7431.JPG
一周サイクリングの途中に立ち寄った白い恋人の丘↑
ここから見た利尻山の景観が北海道名物のお菓子「白い恋人の」包み紙の絵柄になったそうです。

posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする