2014年07月31日

北海道利尻山登山


SSCN7462.JPG
 鴛泊、ぺし岬と利尻マリンホテル↑
ぺし岬は眺め最高、マリンホテルは超お勧め、従業員の皆さんは親切で夕食は毛ガニ、生うに、生ホタテなどとても豪華!

SSCN7452.JPG
登山口のキャンプ場、マリンホテルから送迎車10分↑

利尻礼文にはもう何度も訪れているが今までは登山は考えたことが無くもっぱら自転車でウロウロしておりました。
しかし昨年利尻マリンホテルに宿泊した際そこから見た利尻山がとてもダイナミックで頂上は槍ヶ岳のようにも見え、ぜひ登ってみることにしました。
利尻山は100名山であり標高は1720mと大したことがありませんが登山口のキャンプ場が200mなので標高差は1500mあり結構手ごわい山であります。
今回はかぁちゃんも同行し二人で利尻山に挑戦することにしました。
計画を煮つめていくとこの山行はかぁちやんには無理かなと感じて来ました、といううのもかあちゃんは最高で爺ヶ岳しか登ったことがなくその時の標高差は1100mでそれでも夕方薄暗くなってから下山してきた次第です。
なので一時は礼文岳(490m)に変更しようかと考えましたが、またフェリーに乗って行くのも大変でとにかく行けるところまで行こうと決めました。
前夜から強風が吹きつけるようになりこれは頂上を踏める確率は30%位だなと諦め半分です。
7月30日朝5時弁当朝昼2食用意して頂きホテルのクルマで登山口まで送って貰う。
登山口は利尻北麓キャンプ場で標高200m、ストレッチして登山届出してユックリ登り始める。
標準コースタイムでは上り6時間下り5時間らしい、厳しい現実である。
初めは良く整備された緩やかな登山道が続く。
ポン山への分岐点を過ぎても緩やかに高度を上げて行く。
まずは長官山(1218m)を目指すが注意書きに長官山まで4時間で到着できない人はリタイヤーするようにと書いてあった。
厳しいお言葉である。
天気は良いが風が強い、高度を上げるにつれ鴛泊の街が良く見える。
第一見晴らし台を過ぎると傾斜も急になってきてかぁちゃんが遅れだす。

それでも何とか出発から3時間20分で長官山に着いた、時刻は9時である。
長官山から眺める利尻山は迫力があります、それを見てかあちゃんはここから引き返すと言う。
私はまだ9時だからもう少し言ってみようとなだめた。
長官やまから15分ほど歩いたところに避難小屋がある、ここにはトイレブースがある、トイレではなくトイレブースだ。
この中で携帯トイレを使って用を足すということだ。
避難小屋を過ぎると40分ほどで9合目に着いた、「ここからが正念場」と書いてある、時刻は10時20分十分頂上を狙える時刻だが依然風強く、急傾斜でかぁちゃんはビビっている。
幸い道の両側には背丈ほどの低木が茂っており風を遮断してくれる、八方のような樹のない状態ではない。
この辺りは一面お花畑だ、北アルプスでは見かけない珍しい花もある、最後は急傾斜にピンポン玉くらいの丸い石が載っておりとても滑りやすい、ここを難儀して通過11時05分遂に頂上に到着した。

頂上でおにぎり食べたり一休み、記念写真を撮って、早めに下山に掛かる、下りは滑る易くロープをつかんだりしてユックリ降りる。
9合目を過ぎ非難小屋まで下がると風は少し弱くなった。更に長官山を過ぎ5合目まで降りてもまだまだ長い。
結局、キャンプ場到着は4時20分、5時間掛かった。
またホテルのクルマに迎えに来てもらい早速温泉に浸かる。
夜はまた豪華な食事でカニ、うに三昧である、二人で乾杯し、今日は本当に良かった、ラッキーであったとしみじみ感動した。








SSCN7466.JPG
前日は利尻島一周53キロを自転車で走りました。
クルマも少なく快適なサイクリングです。DSCN7431.JPG
一周サイクリングの途中に立ち寄った白い恋人の丘↑
ここから見た利尻山の景観が北海道名物のお菓子「白い恋人の」包み紙の絵柄になったそうです。

posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

塩の道、牛方の宿と水車小屋

P1070020.JPG
塩の道はその昔日本海から松本まで塩を運んだ道で今その道を辿って歩くことは往時を忍ばれとても楽しい。
当館から新しくできた栂池パノラマ橋を渡って左折したところが塩の道の入り口で百体観音を眺めながら15分ほど歩くと牛方の宿に到着です。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 10:10| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

小日向山ピクニックBC

DSCN7258.JPG

小日向山は標高1900mほどの白馬の中では低い山ですがその頂上からの眺望は360度開けており最高です。
昔から地元の人には愛されてきた山のようで麓の温泉露天風呂には小日向の湯と言う名前が着いております。
この小日向山に今の時期に行くのは簡単で猿倉から鑓温泉方面に進み小日向のコルまで這い上がりそこからは15分ほどで行く事ができます。
山頂からは白馬三山は言うに及ばず小蓮華山や4月に滑利降りた金山沢、白馬沢などが真近にご覧いただけます。
猿倉からの所要時間は3時間ほど、危険な箇所も無く気軽に行く事ができます。DSCN7260.JPG
小日向山から眺める白馬三山↑
小日向山から猿倉までの滑りはこの時期あまり快適とは言えず雪面はかなり凸凹になっており猿倉台地から下は雪を拾って滑るようになり最後はスキーを担いで歩きとなります。
しかしこの時期温かくて新緑と雪と両方楽しめます。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

八方池〜崩沢〜源太郎ダム

今日は朝6時30分起床、天候晴れ、気温高し、
SSCN7170.JPG

今日は朝からやる気満々!
そうです、一昨年敢行した八方池からエコーランドの源太郎ダムに降り立つルートを滑り降りるのです。
このコースを今日滑るのに一点を除いて何も問題はありません。
その一点は下部の全層雪崩です。気温上がり雪面は割れまくり、いつ雪のブロックが落ちてきてもおかしくない状況です。しかし私は今日が今シーズンの最後のチャンスと捉え朝から鼻息荒く、八方ゴンドラ乗り場にいつもより早く到着し、ゴンドラの運転開始を待ちました。
しかし8時になってもゴンドラは動きません。嫌な予感がする中策道会社に電話すると上部強風のため運転を見合わせているとのことです。
何ということか!朝からやる気満々でやってきてゴンドラが動かないとどうしようもない!
仕方なくクルマのところに戻って栂池に行こうかなとか考えていると、運命の女神は微笑んでくれた。
ゴンドラ動き出しました!
SSCN7173.JPG
すぐに飛び乗って、ゲレンデには目もくれずに八方池山荘(1850m)からスキーにシールを付けて上り始まました。
30分ほどでもうドロップポイントの逗子開成高校ケルン(2200m)までやって来ました。SSCN7172.JPG
今日はなぜか気持ちが焦っております、落ち着いて行こうと自分に言い聞かせ9時50分このケルンから南の斜面に遂にエントリー!
最初は超気持ちの良い急斜面、クラックに気を付けながらも豪快に飛ばします。
1000mほど滑った所で自分のシュプールを振り返ります。大きな斜面に一本だけクッキリとシュプールがついております。
更にゆるい斜面を降りて行くと10分ほどでもう崩沢上部に着きました。
ここで標高1730m.
しばらく周りを見渡しどこを滑るか考えましたが、前回は尾根上を滑りましたがあまり面白くなく今回はこの場所からダイレクトに崩沢を滑ることにしました、真下に堰堤が見え下部はデブリーランド状態です。
いよいよここから崩沢を滑り降り始めました、慎重にユックリターンいたしますが快適な雪です、所々グラインドクラックがありそこは避けて滑ります。
突然左横を大きな雪のブロックが落ちていきました、急停止し上を振り返ると他には落ちてくるブロックは無いようでまた滑り出します。
結構長い沢です底まで標高差で700m有ります。底が近ずくにつれ右斜面からの雪崩にビビりながら降りて行くとやっと堰堤に付そこからは林道があります。
やっと安心して林道を行きますが林道は大きなデブリが5か所くらいありそのたびにスキーを外したりつけたりで時間が掛かります。
雪は源太郎ダムまでは繋がっていなくて15分位林道を歩くとタクシーが登ってきてくれました。
SSCN7171.JPG
今日は完走でき大満足です。

posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

素晴らしい白馬乗鞍岳

SSCN7154.JPG
今日は快晴、朝は冷え込んでいましたが10時ごろから気温は上がり風は乗鞍山頂でもそよ風程度で絶好のコンディションです。月曜日ですが山に出かける人は多く栂池ロープウェイは臨時便を出すほどでした。
雪はよく滑るザラメデ凄く楽しめました、ただし天狗原は昨日の日曜日の人のトラックが多数ありゲレンデ状態でした。
登りは今日は快調に登れ、ロープウェイ駅から1時間30分で白馬乗鞍岳山頂に到着できました。
写真は右から朝日岳、雪倉岳、雷鳥坂から小蓮華山方面です!
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

快晴の天狗原

SSCN7141.JPG
今日は朝から気温はうなぎ上り、麓の最高気温は13度まで上がりました。
そのおかげで」山も暑いくらいで10時にロープウェイを降りて天狗原へ上りだすとすぐに汗がどっと出てきてインナーを一枚脱いで上りました。
3連休明けで山は静かかと思いきやヘリスキーのお客さんが多くて天狗原はおおにぎわいであります
一番気になる雪質ですが降雪後3日経ているのでモナカかと思いきや重い新雪がそのまま残っており
難しいなと考えつつ登っていきました。
さて頂上で一休みして滑り出すと最初は意外と締まった雪で滑りやすい、気を良くして本斜面を一気に滑り降りる。
う〜ん、調子いい!
そのまま林道に出ていつものショートカットの場所、早稲田小屋のすぐ脇を真下に滑りたいが今日は重い新雪、しかも南斜面、こんなの曲がるわけないなと思いつつ滑り降りると曲がったぁ!
意外とスムースに曲がる!
私が上手くなったのかスキーがが良いのか重い雪を掻き分け私のスキーは自由に曲がってくれた!
もうすっかり気をよくした私は栂の森に着くころには満面の笑顔でカフェテリヤ栂の森に入って行きました。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

白馬乗鞍岳、一本だけのシュプール!

2014030413030000.jpg

今日は朝から快晴、前日栂池上部積雪あり、その前も小雪降る中、やはり栂池上部で雪崩講習会で絞られていました。
そこで今日は何としても行くしかありません!
天気快晴、暑くも寒くも無く、風穏やか(最初だけ)のこの条件はめったにない。
そうです、絶好のバックカントリー日和です!
朝9時のゴンドラに乗り栂の森まで上がり、今日は火曜日なので山に入る人は少ないだろうと思っていましたが結構いました。
10時丁度、栂の森からスキーにシールを着けてノンビリ登り始めます。
今日は条件良ければ乗鞍まで上がろうと思っていました。
先日の雪崩講習会の会場となった西ヒヨドリ峰を過ぎると気温上昇し少し汗が出てきたので上着を脱いでパンツのベンチレーターも全開で成城大小屋到着。
小休止し天狗原を目指してペースを上げて登り上げる。
天狗原手前から南よりの風が出てきた、ちょっと涼しい。
天狗原に着いて見ると乗鞍に上るのは私以外3人だけである。
そんなもんでここでアンパン食べてパワーをつける。
天狗原から乗鞍までの先行者はスノボの人でどうも安全なルートを知らないようだ。
という訳で私は足首までのラッセルで私のルート取りで登っていく。
標高が上がるにつれ風が強くなってきた、標高2400mだから当然だと思う。
途中一回だけジグを切って更に登る。
ちょっと頑張って12時30分白馬乗鞍岳頂上に着いた。
風の強い中おにぎり食べて滑走準備をする。
それにしても先行者のボードのお兄ちゃんはどこへ行ったのか?
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

コルチナから中土駅BC

SSCN7051.JPG
今日は快晴のお天気となりました。
雪は3日前に降ったきりでどこの山へ行くか迷いましたが、北斜面の多い裏コル、から中土のコースを選びました。
コルチナスキー場はこの2,3年大人気であります!
積雪量の多さを利用してゲレンデパウダーを楽しめるようにしたので外人さんや日本人のお客さんも大量に増えました。
お陰でホテルのレストランも混み込みで土日は1時間待ちはざらです。
そのコルチナスキー場の第六リフトの頂上がこのコースのスタートとなります。
第六リフトは10時からなのであまり早く行っても意味がありません・
第六リフト頂上からまずは裏側のツリーランから始まり、適度な傾斜がありブナ林を縫っての滑走は最高に楽しいものです。
雪質も南斜面ならモナカ、か融雪凍結の硬いバーンになっておりますが驚くほど良いパウダーが待ち受けておりました。
SSCN7064.JPG
コルチナのホテル↑
最近私もコルチナスキー場によく通うようになりましたが標高の割には気温が低いのがこのスキー場の特徴であります。
1350m地点から300mほど滑り降りた所が谷の底でここから30分ほど反対の南斜面を登り返します。
このコースで登りはここだけで大変楽なコースだと言えます。
30分ほど登り返して雨飾り山や天狗原山が見える眺望の開けた地点に出てきます、真下には私の友達の住んでいる池原の集落も見えています。
ここでランチタイムを取ります。
ここまでのルートは楽ではありますが目印となるものが無く迷いやすいので必ず経験者と行きましょう。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

お初の天狗原!

SSCN7018.JPG
標高2200m天狗原にて、後ろは白馬乗鞍岳↑

今シーズンは仕事も忙しく天候もタイミングがなかなか合わなくて今日やっと初めて天狗原に上がることができました。
天狗原は私の庭、大人の遊び場です。
その遊び場に行けて今日はとても幸せな気分です。
連休明けの今日は予報より天気よく青空が見えていました。
そんな中栂池ゴンドラに遅めの9時に乗り込み栂の森に着くと気温低くリンとした空気です、
栂の森第二ペアリフトに乗り頂上へ、そこから林道に滑り込みスキーにシールを貼り付け登る準備ですが今日は新しいスコットの靴なのでビンディングとベストマッチしなくて調整に時間が掛かってしまいました。
やっと調整も済まし林道を歩き始めると8ヶ月振りの懐かしい景色に心は大喜びです。SSCN7019.JPG

今日の天狗原は先行者が5人くらい、乗鞍に登る人は誰もいません、風は普通で穏やかな方でしょう。
いつも頂上にでると風があるので少し手前でおにぎり食べてヘルメットも被り短時間で滑走準備できるようにしています。
写真も撮って12時30分に滑走開始、まずは緩斜面を北東方向に滑り降り本斜面の上に出てそこから一気に成城大小屋方面に滑り降ります、上部は少しパック雪、少し下がるとパウダー雪になり一気に300mほど滑り降り最高の気分です。
その先はまだ積雪が不十分で細い木が出ていてあまり快適ではないので今度はロープウェイ駅目指して南斜面を滑ります。
そして林道に出たらショートカットして栂の森まで戻りました。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

八方も大雪、全面滑走可に!

SSCN6967.JPG
昨日から今日と白馬山麓は大雪に見舞われ殆どのスキー場で滑走可能となりました。
私は八方黒菱、パノラマ。うさぎ平ゲレンデで滑りましたがどこも積雪十分で快適に滑ることができました。
最も積雪が多いのが栂池スキー場で240センチ、八方170センチとなりました。
またパウダー人気の高いコルチナスキー場にも多くの人が来場し新雪を楽しんでいました。
写真はパノラマゲレンデとスキースクール風景です。
posted by ベルコート白馬 YU〜 at 19:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする